-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-11 22:03 | カテゴリ:日常
震災からちょうど3ヶ月経ちました。

被災地の撮影が少なくなったかなと思いますが

できるだけ自分から被災地が取り上げられているテレビ番組を見るように心がけています。

最近は原発の事を多く取り上げるニュースが多いように思います。

チェルノブイリの原発事故と同じ、レベル7となった福島第一原発の事故。

東北、関東に拡散された放射性物質の影響が野菜、茶葉に出ています。



私は原発が水素爆発をしたと聞いた時

福島県内で自宅避難指示を出された20~30キロ圏内の方の

自宅での過ごし方を

わが身のように聞き、同じようにして過ごしたのを覚えています。

窓や扉は閉め、換気扇も止める、エアコンもつけるな。

外出時にはマスク、長そで長ズボン、メガネ

肌を外に出さない。

外出から帰ったらよく服をはらい(花粉症対策と同じ)

洗濯物、布団は外には干さない。

子供は放射能の影響が多いので、外に出さない。

なので、子供達には留守番をさせ、買い物は私一人で出かけてました。



原発から200キロは離れているけれど

風向きによって関東にも放射線物質が花粉やちりと一緒に飛んでくると思ったからです。

ある友達がこう言ったのを思い出していました。

中国の黄砂は、日本にも飛んでくるでしょう!あんなに離れているのに!と

はっ!と思いました。



最初から、福島だけじゃなくて、関東の人達にも
同じように放射能から身をまもりなさい。と言ってくれたらよかったのに。

我が家は3月は子供を外へほとんど出しませんでした。

でも、気づかない親は、皆、子供を外で遊ばせてましたよ。

物凄い量の放射線物質が降り注いでいた時に><


後から放射線の量をあの時はこれぐらいだったというのはやめて欲しいです。

こうなるから、こうしなさいと言う支持がほしかったです。今もです。

関東でパニックが起こると思ったから言わなかった。とどこかの政治家が言ってました。

がっかりです。

みんな冷静に行動できたと思います。


今、原発の話を書くと、とめどない私です。。

それほど、頭を悩ませる出来事だからです。

小さい子供を持つ親は悩んでいますよ。

放射能の怖さを知れば知るほど、悩みます。






震災から3ヶ月、未だ行方の分からない方が8000人もいらっしゃり
避難所生活をされている方が9万人も居ると言う事実を胸におき

自分がどうすべきなのか、よく考えながら生活していきたいと思います。

スポンサーサイト
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。